お中元・サマーギフト


お中元・サマーギフトにふさわしい商品をご用意いたしました。
商品には、すべてお熨斗をお付けしています(※ご不要のお客様は購入画面にて不要をご選択ください)。
また、メッセージカード&印字も無料サービスしておりますので、日頃お世話になっているあの方へのご挨拶にご使用いただけます。
カタログギフトをお選びのお客様には、高級感増す「専用風呂敷(6色)」のご用意もございますので是非ご利用ください。
店長松本より
肉贈の夏ギフトのページをご覧いただき、ありがとうございます。
早いもので、2017年も折り返しですね。

夏のギフトといえば、お中元
職場、家族、親戚、友人へ感謝を込めて

日ごろの感謝と共に、
「これからも変わらぬお付き合いを」という思いを込めた夏のギフト

肉贈が厳選した和牛ギフトという形でお贈りください。
贈るあなたが幸せになるギフト、それが和牛ギフトです。

お贈りするその前に、知っておきたいギフトマナー

◎どんな人に贈るの?
お中元を贈らなくてはいけないという決まりはありません。
日頃お世話になっている人や、ふだん会えない人に感謝の気持ちをこめて贈ります。

◎両親・親戚・兄弟姉妹
◎いつもお世話になっている方
◎上司
◎お仲人さん
◎結婚して間もない場合には、結婚式で主賓としてお招きした方
◎恩師(先生)・お稽古ごとの先生
◎お礼の気持ちをあらわしたい友人、知人など


◎お中元を贈る時期はいつ?
お中元は中国古来の祭り事が日本に伝わり、仏教のお盆と重なって贈り物をする習慣となったもので、旧暦7月15日をさします。
一般的には7月上旬~7月15日ですが、近年の百貨店での販売傾向などからすると、お中元商戦が早くから始まっていることなどで、統一して東日本式(7月初旬から7月15日)にするところが多くなっています。

北 海 道 7月15日~8月15日
東北・関東 7月1日~7月15日
東海・関西・近畿・中国・四国 7月15日~8月15日(7月初旬も増えてきた)
九州 8月初旬~8月15日


◎お中元が遅れてしまったら?
お中元を贈る時期を外したり遅くなってしまった場合は、のしの表書きを変えて贈るようにします。
また、表書きは地域によっても違いがあります。

7月15日~8月7日または8日の立秋までは「暑中御見舞い」(目上の人に贈る場合は「暑中御伺い」)
以降9月上旬までは「残暑御見舞い」(目上の人に贈る場合は、「残暑御伺い」)


7月15日以降は「暑中御見舞い」 (目上の人に贈る場合は、「暑中御伺い」)
8月7日の立秋以降は「残暑御見舞い」(目上の人に贈る場合は、「残暑御伺い」)


◎マナーとして気をつけるべきことは?
お中元は日頃の感謝を表すものなので、基本的には自分と相手のどちらが喪中であっても、贈ることに問題はありません。
しかし、四十九日を迎えていない場合は控えるのもマナーでしょう。あえて少し時期をずらし「暑中御見舞い」「残暑見舞い」として無地のしで贈る方法もあります。

現在、商品はございません。

ランキング(人気商品ランキング)

検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力
  • 動画
  • 認定証
  • 商標登録証

営業カレンダー

2017年12月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤字は休業日です

  • お肉検定1級
  • お肉検定2級

肉贈は
プライバシーマークを取得しています。


肉贈は、お客様の情報保護のためSSL(Secure Sockets Layer)で通信を暗号化しています。