サマーギフト


夏の贈り物にちょっと素敵なオリジナル掛け紙(熨斗)やカードを添えてみませんか

日頃お世話になっているあの方へのご挨拶にご利用ください。
カタログギフトをお選びのお客様には、高級感増す「専用風呂敷」のご用意もございますので是非どうぞ。

<ご注文方法>
購入画面【step2 お支払い方法・お届け時間等の指定】のページ下にある「その他お問い合わせ」欄に掛け紙やメッセージカードの番号、ご希望のメッセージをご記入ください。
例:お中元A 、サマーカード01
メッセージ「いつもお世話になっております。日頃の感謝を込めて〇〇さんの大好きなお肉をお召し上がりください。」
※「掛紙」の数に限りがございますので、予定数が無くなり次第終了とさせていただきます。

父の日・かけ紙

掛け紙父の日
父の日A HAPPY FATHER’S DAY Thank you!
父の日B Thanks Father いつもありがとう Father’s Day 2018
父の日C HAPPY FATHER’S DAY 2018

父の日・メッセージカード

メッセージカード父の日
※メッセージをご希望の方は100文字以内でお願いいたします。
父の日カード01 HAPPY FATHER’S DAY お父さんいつもありがとう。いつまでも元気なお父さんでいてください。
父の日カード02 FATHER’S DAY
I know that I don’t tell you often enough, but I love you so much.


お中元・夏のごあいさつ熨斗(かけ紙)

掛け紙中元・夏のごあいさつ
お中元A 表書き/お中元
お中元B 表書き/お中元
夏のごあいさつC 表書き/夏のごあいさつ

***お中元・夏のご挨拶 メッセージカード***

メッセージカードサマーカード
※メッセージをご希望の方は100文字以内でお願いいたします。
サマーカード01 Thank you for everything
サマーカード02 いつもありがとう

  • 対象商品はこちら


  • 父の日(6月17日)の「お届け」について

    カタログギフト最終受付 2018年6月14日(木)12:00まで



    店長松本より
    肉贈の夏ギフトのページをご覧いただき、ありがとうございます。
    早いもので、2017年も折り返しですね。

    夏のギフトといえば、お中元
    職場、家族、親戚、友人へ感謝を込めて

    日ごろの感謝と共に、
    「これからも変わらぬお付き合いを」という思いを込めた夏のギフト

    肉贈が厳選した和牛ギフトという形でお贈りください。
    贈るあなたが幸せになるギフト、それが和牛ギフトです。

    お贈りするその前に、知っておきたいギフトマナー

    ◎どんな人に贈るの?
    お中元を贈らなくてはいけないという決まりはありません。
    日頃お世話になっている人や、ふだん会えない人に感謝の気持ちをこめて贈ります。

    ◎両親・親戚・兄弟姉妹
    ◎いつもお世話になっている方
    ◎上司
    ◎お仲人さん
    ◎結婚して間もない場合には、結婚式で主賓としてお招きした方
    ◎恩師(先生)・お稽古ごとの先生
    ◎お礼の気持ちをあらわしたい友人、知人など


    ◎お中元を贈る時期はいつ?
    お中元は中国古来の祭り事が日本に伝わり、仏教のお盆と重なって贈り物をする習慣となったもので、旧暦7月15日をさします。
    一般的には7月上旬~7月15日ですが、近年の百貨店での販売傾向などからすると、お中元商戦が早くから始まっていることなどで、統一して東日本式(7月初旬から7月15日)にするところが多くなっています。

    北 海 道 7月15日~8月15日
    東北・関東 7月1日~7月15日
    東海・関西・近畿・中国・四国 7月15日~8月15日(7月初旬も増えてきた)
    九州 8月初旬~8月15日


    ◎お中元が遅れてしまったら?
    お中元を贈る時期を外したり遅くなってしまった場合は、のしの表書きを変えて贈るようにします。
    また、表書きは地域によっても違いがあります。

    7月15日~8月7日または8日の立秋までは「暑中御見舞い」(目上の人に贈る場合は「暑中御伺い」)
    以降9月上旬までは「残暑御見舞い」(目上の人に贈る場合は、「残暑御伺い」)


    7月15日以降は「暑中御見舞い」 (目上の人に贈る場合は、「暑中御伺い」)
    8月7日の立秋以降は「残暑御見舞い」(目上の人に贈る場合は、「残暑御伺い」)


    ◎マナーとして気をつけるべきことは?
    お中元は日頃の感謝を表すものなので、基本的には自分と相手のどちらが喪中であっても、贈ることに問題はありません。
    しかし、四十九日を迎えていない場合は控えるのもマナーでしょう。あえて少し時期をずらし「暑中御見舞い」「残暑見舞い」として無地のしで贈る方法もあります。

    現在、商品はございません。

    ランキング(人気商品ランキング)

    お電話でのご注文・お問い合わせ

    0120-47-8255

    ※平日10:00〜18:00(土日祝除く)

    2018年7月20日

    検索

    商品カテゴリから選ぶ
    商品名を入力

    商品を選ぶ

    営業カレンダー

    2018年7月の定休日
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031
    2018年8月の定休日
    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031

    ※赤字は休業日です

    肉贈は
    プライバシーマークを取得しています。


    肉贈は、お客様の情報保護のためSSL(Secure Sockets Layer)で通信を暗号化しています。