牛肉の部分図鑑

大切なあの方に美味しいブランド和牛を贈りたいけど、好みに合うものをどうやって見つけたらよいか?
ここでは、ギフトにふさわしいおなじみの高級肉から希少肉、ご家庭で普段使いできるものまで、お客様が迷わずお選びいただけるよう、各部位の特徴やおすすめの調理法をご紹介いたします。

<!--トモバラ文字-->
部位 特徴
①タン 牛の舌の部位。
▶詳しくはこちら
②ネック 首の周りの部分。キメが粗く筋っぽい赤身の部位。
▶詳しくはこちら
③肩ロース 最も大きな部位のひとつで、肩から背中にかけての部位。
▶詳しくはこちら
④リブロース 背側の肩ロースとサーロインの間の部位。
▶詳しくはこちら
⑤サーロイン リブロースとランプの間に位置する部位。
▶詳しくはこちら
⑥ヒレ サーロインの内側の細長い部位。
▶詳しくはこちら
⑦ランイチ サーロインに続く腰からお尻にかけての大きな赤身。
▶詳しくはこちら
⑧内モモ 後ろ股の付け根の内側にある部位。
▶詳しくはこちら
⑨外モモ ももの外側の部分。
▶詳しくはこちら
⑩シンタマ 後ろ股の付け根の内側にある部位。
▶詳しくはこちら
⑪肩バラ 肋骨の外側についている三枚肉でバラの王様。
▶詳しくはこちら
⑫ウデ ウデの部分を総称して「肩」と呼ぶ。
▶詳しくはこちら
⑬バラ お腹にあたる部位。
▶詳しくはこちら
⑭スネ 牛のすねにある部位。
▶詳しくはこちら
  • 動画
  • 認定証
  • 商標登録証
  • お肉検定1級
  • お肉検定2級

肉贈は
プライバシーマークを取得しています。


肉贈は、お客様の情報保護のためSSL(Secure Sockets Layer)で通信を暗号化しています。